2019/03/04 13:01

こんにちは!
先日ママ友さんにペーパードリップの基本を教える機会がありまして、今回それを振り返りつつブログでも詳しくご紹介しようと思います♪

<ペーパードリップ2杯分の基本のやり方>
※通常のコーヒーカップ(150cc)で2杯分、大きめマグカップ(300cc)だと1杯分です
【用意するもの】
・ドリッパー、ペーパー、グラスポット
・ドリップポット(無ければケトルでも)
・デジタルスケール、コースター
・お好きなコーヒーの粉(中細挽き)18g

「事前準備」
グラスポット、ドリップポット、コーヒーカップは湯煎しておきましょう。少量のお湯を通せばOKです。
湯煎の湯を捨て、デジタルスケールに誤作動防止のコースターを敷き、グラスポット、ドリッパーを乗せます。
ペーパーを折ってドリッパーにセットします。スケールのスイッチを入れてください。
粉を18g計量しておきます。粉を入れたあと、ドリッパーを優しくトントンと叩いて粉を平らにします。
ドリップポットも湯煎の湯を捨て沸騰した湯を注ぎます。大体7~8分目まで入れてください。その方がお湯の出方が安定します。
(直接湯を沸かしたケトルでやってもOKですが、口が細いものを選んだ方がドリップしやすいです。)

スケールを1度ゼロに戻し、ドリップしていきます!

①粉全体に少量の湯を含ませるイメージでそっと注ぎます。この時なるべく端にかからないようにしてください。
そのまま10~20秒ほど待ちます。この工程を蒸らしといいます。蒸らしはさっぱりした味が好きな方や味が重くなりがちな方は時間を短くしたり、飛ばしても大丈夫です。

②蒸らし後お湯を注いでいきます。端にかけないように、中心にのの字をえがくようにやさしく注いでください。金魚すくいのポイの紙を破らないように注ぐようなイメージです。200gまで注ぎ、一度止めます。
③水面が中心からくぼんできたら、落ちきらないうちにまた水面を保つように同じようにやさしくドリップします。最初の水位を超えないよう、何度かに分けて300gになるまでドリップします。
④300gになったらドリップをやめます。
⑤そのまま落ちきったらドリッパーを外して出来上がりです。

事前準備から細かく工程を分けてご紹介したのでやることが多いように感じるかもしれませんが、実質お湯を沸かす時間を除けば5分ほどでできます。スケールを使うと数値が目で見て分かるので、やりやすいです。
やってみると思ったよりもずっと簡単なので、ペーパードリップ気になるけどちょっと難しそうだな~と思っている方は是非試してみてください^^♪

また、過去の「ドリップのちょっとしたコツ」もよろしければ参考にしてみてください♪

ママ友さんからは「インスタントと全然違う!すごく美味しい!」「香りが部屋中に広がって幸せ~^^*」とコメントを沢山もらえたので私もとても嬉しかったです。

珈琲豆、3種類のお試しセットがありますのでよろしければどうぞ^^